金曜日、午後3時。経済の心臓部に鉛色の雪が降る。荘厳な取引所の建物から出てきた男が、靴底を滑らせ、恨めしそうに空を見上げる。その日、株価は6週連続の下落に終わった。