円安・株高シナリオが揺らぎ、アベノミクスの先行きに危機感を強める安倍晋三政権。消費増税に伴う駆け込み需要の反動減もにらみ、政権が重視するのが企業収益の伸びを雇用や賃金、消費の拡大につなげる「好循環」の実現だ。