円安・株高シナリオが揺らぎ、アベノミクスの先行きに危機感を強める安倍晋三政権。消費増税に伴う駆け込み需要の反動減もにらみ、政権が重視するのが企業収益の伸びを雇用や賃金、消費の拡大につなげる「好循環」の実現だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1530文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 賃上げ余力 格付け500社」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。