賃上げの原資を得た企業は、春闘などを経て社員に報いようとしている。主流だった「一律ベア」だけでなく、個別の事情に応じた配分を模索する。賃上げ余力格付けで上位に入った企業も葛藤の末に新たな解を探る。