業績が回復傾向にある中、企業の賃上げ余力はどこまで高まっているのか。本誌は主要500社を独自に格付け。半数近くは十二分に賃上げが可能という結果が出た。賃上げの流れはもっと広げられる。決断の時がやってきた。