2005年4月25日朝、JR西日本福知山線で列車が猛スピードでカーブに突入し脱線、転覆。107人の死者を出す大惨事となった。それから連日のようにJR総連系の少数派労働組合、JR西労の関係者がテレビに登場する。