長らく「世界の工場」と言われてきた中国で、地価や人件費、エネルギー価格が高騰。紡績などの分野で中国企業が米国に生産拠点を設けるケースが出始めた。米中間の人件費格差が縮まる一方、地価では一部、逆転現象まで起きているという。