中国で毎年2割の成長を続けてきたユニ・チャーム。2013年は一転して、数%の伸びにとどまった模様だ。「優等生」の突然の失速。それはなぜ起きたのか。