テクノロジーやコミュニケーションのあり方が大きく変化すると、ワークスタイルも変わることは歴史が証明している。