英国に「私は安い靴を買うほど裕福ではない」ということわざがある。これは、靴は安いものを履きつぶしては買い替えるのではなく、良いものをこまめに手入れして長く使うのが本当のおしゃれであるという意味。