この母子像、どこか違和感を覚えませんか。19世紀当時ですと、母親は「家庭を守る女性」という保守的なイメージで描かれるのが普通です。しかし、子供の手からさくらんぼを口にしようとしているこの母親は真っ赤な口紅を塗って床に寝そべり、しどけないポーズを取っている。ルネサンス以来の伝統として、こういう描き方をされるのは大抵、高級娼婦なんですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1297文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題