コモディティー化で底の見えない価格下落にあえぐ日本の電子部品メーカー。そうした中、京都の部品メーカーのニチコンは泥沼を抜け、再び成長軌道を描き始めた。なぜ再生できたのか。従業員5000人の中堅企業が実践した改革の軌跡を追う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6296文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題