日本の大方の企業では、ばりばりと英語を使う必要性が生じていない。それでもグローバル化を視野に英語人材を採用して使い道に困っている例を私自身もよく耳にする。サイバーエージェントの藤田社長は、「英語を話せることを過剰にアピールする人材を採りすぎるな」と述べているが、同感だ。