その言葉が発せられた瞬間、怒気を露わにした。取り囲む記者の質問を遮り、まくし立てた。「そういう世の中じゃない」外野からの注文はもうごめんだ──。そうも聞こえた。財界総理が忌み嫌い、言下に退けたもの。