その言葉が発せられた瞬間、怒気を露わにした。取り囲む記者の質問を遮り、まくし立てた。「そういう世の中じゃない」外野からの注文はもうごめんだ──。そうも聞こえた。財界総理が忌み嫌い、言下に退けたもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り558文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題