「もっと顔を上げて相手の話を聞こうよ」とインタビューに同行した記者を諌めたことがあります。私が質問を始めた途端、パソコン画面を開き、質疑の内容を入力し始めたからです。本人は書記に徹しようと考えたのかもしれませんが、私としては記者にはもっと会話に参加してほしいし、相手に顔を覚えられるよう存在感を示してほしい。それにキーボードを叩く音で、相手が集中できないのではないかと考えました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り685文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。