効率化投資を突き進めた大企業がITのない職場環境に戻るのは難しい。だが、ハードやソフトを部分的に昭和に回帰し活力を回復することは可能だ。先進的な企業の間では、その動きは既に始まっている。