平成以降、職場で普及した最新ツールの多くは、弊害ももたらしている。良かれと思って導入したシステムが、業績悪化を招くケースも少なくない。見直しが進まないのは、その方が社員にとっても“都合がいい”からだ。