平成以降、職場で普及した最新ツールの多くは、弊害ももたらしている。良かれと思って導入したシステムが、業績悪化を招くケースも少なくない。見直しが進まないのは、その方が社員にとっても“都合がいい”からだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7138文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 昭和な会社が強い」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。