部課単位で“島型”に並ぶ机の上にパソコンはない。あるのは黒電話に筆記具、電卓、納品書、受発注伝票、そして資料の山。顧客リストや重要書類を挟んだバインダーは棚に押し込められ、検索するのも一苦労だ。メールも携帯端末もないから、同僚と話がしたければ面と向かってするしかない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り969文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 昭和な会社が強い」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。