国民や企業の負担増につながる診療報酬の改定が、疑問の残る形で決着した。総額の引き上げに続き、初診料などの引き上げ幅を厚くして開業医に有利な内容に。開業医の力が強い日本医師会が自民党への影響力を回復。その構図が浮き彫りになった。