米マイクロソフト(MS)3代目のCEO(最高経営責任者)に、クラウド・法人部門担当の上級副社長を務めてきたサティア・ナデラ氏が就任した。日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「グローバルに物事を考える能力に長けている」と評する。パソコン販売の低迷を背景に、MSのIT(情報技術)業界での存在感が低下の一途をたどる中、どんな手腕を期待されているのか。その1つのヒントが、出身地にある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4570文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年2月17日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。