米マイクロソフト(MS)3代目のCEO(最高経営責任者)に、クラウド・法人部門担当の上級副社長を務めてきたサティア・ナデラ氏が就任した。日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「グローバルに物事を考える能力に長けている」と評する。パソコン販売の低迷を背景に、MSのIT(情報技術)業界での存在感が低下の一途をたどる中、どんな手腕を期待されているのか。その1つのヒントが、出身地にある。