2012年に失脚した人民解放軍兵站部門の幹部による蓄財ぶりがこのほど明らかになった。自分の故郷に故宮を真似て建てたという豪邸に加え、北京には数十の住戸まで抱えていた。腐敗撲滅への取り組みを強める習近平国家主席だが、その狙いは自らの基盤強化でもあるようだ。