伊藤忠商事が夜型から朝型に働き方をシフトし、世間の耳目を集めている。かつてはスタートトゥデイやトリンプが残業撲滅を掲げ労働環境を大胆に変えた。試行錯誤を重ねつつ、覚悟を決めて働き方革命に取り組んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5920文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 働き方革命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。