社員が辞める、人が集まらない――。労働力人口の減少という構造問題が、日本経済を徐々に蝕んでいる。既存の労働時間の概念はもう通用しない。そう気づいた企業が立ち上がった。