昨年末の靖国神社参拝以降、「安倍カラー」を鮮明にする安倍晋三首相。「安倍1強体制」への不満もあり、与党内で足並みの乱れが目立ってきた。改革論議にブレーキがかかれば、変調を来す株式市場に一段の悪影響も。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3207文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年2月10日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。