理化学研究所などが、新型万能細胞である「STAP細胞」を開発した。医療研究の進展に期待が集まる一方、関係者が関心を寄せるテーマがもう1つある。理研などが昨年出願した、STAP細胞の作製に関わる国際特許の行方だ。