進化生物学者グールドは「収集に取りつかれた者の情熱は休むことを知らない。彼らには収集が神聖な行為」と記した。そうした強迫観念とも言える思いから生まれたのが博物館。