街を歩けば、バレエ教室をよく目にする。子供の習い事としてのバレエもすっかりと定着してきた印象だ。1年ほど前、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル(最高位のダンサー)として活躍した吉田都さんに、日本におけるバレエ環境の変化について話を伺う機会があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1093文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題