この構図はすぐに問題化する。翌82年から、中曽根康弘内閣は国鉄の分割民営化を進めていくが、民営化後の北海道会社の経営問題に悩まされる。このままでは毎年500億円の赤字を重ねて破綻することが見えていたからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1510文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題