スマホ・タブレットへの出遅れにより、業績低迷がささやかれる米インテル。復活に向け、パソコン(PC)に代わる新たな収益源を模索し始めた。パソコン時代の「盟主」が再び輝くための戦略に迫る。