大蔵省が2001年1月に省庁再編で財務省に生まれ変わった前後の期間を事務次官として過ごしました。同じ年の4月には小泉純一郎内閣が発足し、政治の変革期でもありました。