楽天やファーストリテイリングがなぜ社内公用語を英語にしたか、ようやく腑に落ちた。自らの壁を取り払えば外の寒風にはさらされるが、同じフィールドに出なければ、企業としての成長はないということを経営者が理解し、自らを含めて決意したということだろう。