「米軍普天間基地の辺野古移設を進め、国と県から交付金を得る」と主張。交付金で停滞する名護市の経済振興を目指す考えだったが市長選で大敗を喫した。保守系候補一本化に手間取り、公明党の推薦も得られなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3107文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。