グローバル化と自由貿易を支える比較優位説は、効用すなわち幸福の拡大を支持する議論だ。ただ、ここで言う幸福は、お金の観点だけから定義されている。ある時間を、仕事(お金)のために使うのと、友人と過ごすことに使うのは、どちらが幸せなのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2968文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年2月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。