全国に500館以上ある公立美術館が岐路に立たされている。民間委託の綻びが見え始め、「民から官」へ揺り戻しの動きも。経営難の美術館を集約する構想も持ち上がっている。