みずほ銀行の佐藤康博頭取が辞任を発表するも、引責は強く否定した。社会問題と化した暴力団融資問題で失墜したみずほブランドの信頼回復に努めるという。だが、「保身の会見だ」という声が行内でも上がり、不協和音が響き始めている。