1月15日の東京電力の会見はこれまでとは全く異質の空気が漂っていた。もともと官僚的で木で鼻をくくったような受け答えだったのが福島第1原子力発電所事故後は、揚げ足を取られない慎重な物言いに終始していた。