民間医療保険の保険料が下げ止まってきた。生命保険協会の統計によると、2008年の民間医療保険の保有件数は2025万件で、金額は5兆7158億円。一方、2012年の件数は2778万件で金額は4兆6809億円と、件数は増えながらも金額は下がるという現象が続いていた。しかし、年を追うごとに金額の減少幅は小さくなり、足元ではむしろ上昇に転じているように見える。