数km先の東京タワーが霞んで見えない──。今では澄み渡った青空が広がる東京だが、高度経済成長期真っただ中の1960年代は、今の中国と同じようなスモッグに襲われていた。