中国の環境対策に、日本の技術やノウハウは役立つはずだ。だが、今のところ日本企業の存在感は、意外なほど薄い。技術だけでなく、ニーズの的確な把握や人脈など総合力が問われる。