中国で自社工場や取引先工場が環境汚染で糾弾されたら──。民衆意識とネット世論の高まりは、企業の隙を見逃しはしない。中国における市民活動家の台頭は、公害克服への光明でもある。