中国で自社工場や取引先工場が環境汚染で糾弾されたら──。民衆意識とネット世論の高まりは、企業の隙を見逃しはしない。中国における市民活動家の台頭は、公害克服への光明でもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4570文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国汚染パニック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。