中国の環境汚染は今に始まったことではないが、民衆の関心が一気に高まったのは、「PM2.5」の存在が知られるようになってからだ。