2013年末に安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことで、日中関係がさらに悪化した。私の立場上、このテーマを避けるわけにはいかないと思う。今の日中関係の難局は言うまでもなく、尖閣問題が発端だ。領土問題は極めて解決が難しいテーマだが、放置していては現状のままなのも事実。そこで私は、日本の方々に1つ提案したい。それは、日本側も、なぜ中国が尖閣を自国領と主張するのか、その理由を知っておいた方が今後、この問題を考えていくうえで役立つ、ということだ。