東南アジアと中国で猛烈な出店に舵を切る。巨額投資のリスクは小さくないが、日本で培った革新力で成長市場を攻める。現地で経営リーダーも育て、アジアトップの小売り集団を目指す。