まだ手がけていない業態、進出していない立地、出していない商品――。そこに需要がある限り、自らその穴を埋めに行く。リスクを恐れず新たな糧を貪欲に求める姿勢が、異形の流通企業を生んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6064文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 イオン 飽くなき拡大欲の正体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。