まだ手がけていない業態、進出していない立地、出していない商品――。そこに需要がある限り、自らその穴を埋めに行く。リスクを恐れず新たな糧を貪欲に求める姿勢が、異形の流通企業を生んだ。