自動車に対する消費者の要求は、多様化の一途をたどっている。わざわざお金を貯めて買うほどのステータスはなくなったし、都会ではもはや生活必需品ではない。仮に一時的に必要であれば、レンタカーやカーシェアリングといった手段を利用することも可能だ。