自動車に対する消費者の要求は、多様化の一途をたどっている。わざわざお金を貯めて買うほどのステータスはなくなったし、都会ではもはや生活必需品ではない。仮に一時的に必要であれば、レンタカーやカーシェアリングといった手段を利用することも可能だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1093文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年1月27日号 96ページより目次

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。