中華圏は、1月31日から1週間の春節(旧正月)連休に入る。カウントダウンの夜には花火が上がり、爆竹が鳴り響く。帰省や旅行で数億人規模の「大移動」が起こり、宿泊業や小売業は書き入れ時を迎える。