私が半世紀の陶芸家生活の中でつくった、一番大きな壺がこれです。淡い青の「淡青瓷」で、非常にシンプルな丸い形が特徴です。