徳川幕府が倒れてわずか十数年後の1880年のこと。「蝦夷地」と呼ばれた北限の地、北海道は住民もまばらで、人口は日本のわずか1%にも満たない状態だった。ところが、19世紀の「産業革命の象徴」がこの地に突如として出現し、人々を驚愕させる。