過去1カ月ほどで、2014年に安倍晋三首相と日本が果たすであろう役割への楽観と称賛は、懸念と苛立ちに変わった。この心変わりには、いくつかの理由があるが、決定的要因は2013年12月26日の靖国神社参拝だ。