創業家出身の前任者から指名を受け、大丸社長に就いた奥田氏。バブル崩壊で売り上げ減に苦しんでいた百貨店の改革に乗り出す。ビジネスモデルと従業員の職務を明確にし、効率経営を成し遂げた。