一昔前なら耳を疑うような話だ。ACミランの赤と黒のユニホームに日本人が袖を通す。しかも、背番号は「10」。そんな夢物語を本田圭佑は現実のものとした。